高商ハウジングとは?

HOME» 高商ハウジングとは? »会長プロフィール

高商ハウジングとは?

会長プロフィール

この度は、高商ハウジングのホームページをご覧いただき誠に有難うございます。私ども、高商ハウジングは石川県金沢市を中心に北は、かほく市、南は小松市までのエリア(人口88万人、世帯数34万世帯)で不動産の売買仲介、賃貸仲介及び管理と、相続に関する相談等の営業させて頂いております。

不動産業務は法律、慣習等なかなか一般のお客様にはわかりづらい部分が沢山あり、それによって多くのお客様が営業マンの情報のみに頼らざるおえなくなり、その結果"閉ざされたイメージや怖いイメージ"をお持ちの方が多いいと思います。

私ども高商ハウジングでは、その様な思いをお客様がされないよう出来る限り情報を開示しお客様のご意見を伺いお客様のニーズに合ったアドバイスに心かけております。


私は、1975年地元の建設会社に初めての自己住宅を建てて頂いた縁で中途入社し住宅営業を約10年務め不動産業を開業しました。

創業以来沢山の方々にお声をかけて頂きましたお陰で今日があることを不動産を通じて本当に幸福を感じております。

1984年36才での開業当時は今のようなITもなく情報は全て口コミの時代でした。約10年間勤務していた建築会社での営業活動で、ご縁頂いたお客様や知人、友人、取引先の方々との人間関係による情報がほとんどで、そこからご縁を頂いたことでの人伝えや口コミ等の紹介によるお客様との繁かりを持つことが出来ました。

勤務している時の社長様から出会った一人一人のお客様を大切し満足して頂ける気持ちに差し上げれば必ず次がありますと教えられました。
 

開業間もなく不動産取引において更に質の高いサービスをめざしたいと不動産フランチャイズのERAチェーン(当時は住通チェーン)に加盟させて頂く事が出来ました。

ERAは更に昨年(2011年4月)総合住生活のTOSTEM、INAX、SHINNIKEI、
SUNWAVE、TOEX等が総合したLIXIL(リクシル)グループの傘下になりました。



1988年ERA世界大会がアメリカで開催されました時に、アメリカの不動産実態をこの目で確かめたく全国ERAの仲間達22名と研修に行って来ました。

噂には聞いていましたが不動産業に携わる方々は女性が多く、この仕事に誇りを持っておられ、お客様の信頼が非常に厚かったです。

一般の方々にとっては一番高額な商品の取引をお任せする方ですので当然と言っておられました。

ERAから定期的な研修や本部からの先進的ツール等駆使してお客様第一主義をもっとに、親切で優しく信頼される不動産を目指し結果としお客様が幸せになって頂けたら幸いです。

 

 


開業3~4年頃バブルに突入し不動産業界はまさしくこの波に乗り異常な取引きをされている業者や投資家を見て来ましたが、私は当時加盟しておりました住通チェーン(現在のLIXLグループERAの前進)の本部からバブルは絶対に続かないし、いずれ弾けるので買ったり売ったりしての大儲けは絶対にしてはダメです。最後には不良物件が手に付き倒産がまっていますとよく言われていました。







不動産業者の本質であるお客様の物件をお客様にお世話し、それぞれの方々が喜ばれる仲介に徹しなさいと口酸っぱく言われ忠実に守って来たことにより今日の私があるのだと思っております。

しかしながら開業から今日までに至るまでの間、大きな不況による経営危機を何回か経験してきました。危機を脱する為にあらゆる手を尽し出来ることは全てやって来ました。
経費の削減は当然ですが一番はこまめな営業活動でお客様のご要望を満足して上げられる会社造りでの売上向上です。

しかし10年位前からITが急速に進歩しお客様との接点が様変わりしてきましたのでさらにITに力を入れて時代に合った取組を駆使しております。