購入について

HOME» 購入について »購入の手続き手順

購入について

購入の手続き手順




不動産購入手順




失敗しない不動産購入のポイント

  • 新聞・冊子などの物件はどこからでも購入できます
  • 物件をどこから買ってもあなたの費用は同じです。
  • 不動産会社の対応が良くても悪くてもかかる費用は同じです。
  • 不動産会社の担当者はあなたの味方、アドバイザー、アシスタント、代理人です。セールスマンではありません
  • 不動産会社は他物件も含め、返済計画から生活情報まで、あらゆるアドバイスが受けられます

   安全取引No.1サービス

 

高商ハウジングのアフターサービス




 

不動産購入の仕組み
 


不動産の購入方法には2つの方法があります。




  • 仲介パターン1:売主様から委託を受けた仲介業者が買主様のお世話をし、
               売主様と買主様両方から仲介手数料を頂く (両直)
  • 仲介パターン2:仲介業者Aは売主側の立場でお世話をし、売主から仲介手数料をもらう。
               また、仲介業者Bは買主側の立場でお世話をし、買主から仲介手数料をもらう。
購入者にとっては仲介パターン1も2も支払う仲介手数料は同じなので、必ずしも販売している仲介業者から購入する必要はない。自分にとってより都合のよい仲介業者を通じて購入できる。

不動産流通の仕組み

新聞・チラシ等で「仲介」と記入してある物件は、流通しています。

つまり、新聞・チラシを出している不動産会社のみではなく、他の不動産会社も扱っているのです。


 
物件1つ1つに、さまざまな不動産会社が介入しています。

また逆に1つの不動産会社は、さまざまな物件の情報を入手することが出来ます。

誰から買っても同じなのです。

=>小冊子「失敗しない中古物件の賢い買い方」をご覧ください